狭小住宅のメリット・デメリットについて

狭小住宅は、狭くて小さな土地に建てられた住宅であり、特に都市部で活用される例が多いです。狭小な土地は、利用価値が比較的制限され、周辺地区でも利用用途が限定されず、有利な条件の土地と比して安い傾向があります。また変形な土地を併せ持つ特質が多く見受けられ、さらに安価な土地価格を形成します。住まいとしての利用価値を追求するため、都市部では、より広い床面積を求めて木造三階建て住宅、そして地下空間を利用した地下室付きの構造物などがハウスメーカーはじめ多くの業者から提供されています。狭小の土地に建築するメリットは、安価な土地を利用することにより、住宅建築費用を極力抑えるところにあります。一方デメリットは、狭い面積を有効活用することにより、綺麗な硝子や重厚な質感で加工しやすいアクリル板などの間仕切りによる開放感やこだわりへの追求から、逆に一般住宅と比較して価格が高騰する傾向も存在する点です。土地が豊富である傾向の郊外型の住宅に比べて、狭小な土地での建築が想定される都市型住宅では、上への縦方向に工夫が必要になります。都市型住宅では、設計段階の図案や模様を計画、レイアウトする際に、見た目だけでなく、住む人にとって快感が期待出来、無理のない空間を描いた住まいが要求されるのが現状です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL