和風家具、テーブルの特徴について

和風家具のテーブルには特徴があります。それはテーブルの足が短いと言う事になります。テーブルの足が短いので、畳の部屋に使用したりする事が良いのでしょう。

また椅子などは全く合いません。椅子を使用したいと考えても椅子の足が短いものを購入しなくてはなりませんし、足が長い椅子は全く使う事ができません。また背もたれだけの椅子などを使用しなくてはならないため、畳などに座る環境に変わりはありません。畳などに座る事を基本として作られている家具なのでこのような作りになっています。

和風テーブルに合う物も変わってきます。洋風の部屋に和風のテーブルを置いても意味がありません。全く部屋に合っていると感じる事はありません。どのような物が合うのかと言うと座布団などです。座布団に座って足を伸ばして座ると言う事が一番合っているのではないかと思います。なにかと一緒に使うと言う点では非常に幅が狭いのですが、和風の部屋が好きと言う方には、絶対に欲しいと感じる家具になると思います。

また、合う部屋が少ない分、和室との相性が良いので、和室を所有している方和室が好きな方にとっては欲しい家具になっていると思います。また畳の部屋のみではなく、フローリングでも木の模様がしっかりと出ているフローリングには合うと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL