工務店と設計事務所の設計自由とデザインの違い

工務店と設計事務所の大きな違いといえば、法令や予算以外の成約が全くなくて完全な自由設計が可能で、いかなる工法や仕様も事務所では可能ということです。
制約がないので、個性的な家を建築するときには事務所は大きな力になります。
家族のライフスタイルや土地の環境に合わせた設計を、全くゼロから考えて施工者の都合ではなく、住む人の生活スタイルや周辺の環境を考えた設計が出来ます。
更に条件の悪い土地でも、建物のプランニングに影響が出にくいので、狭い土地に小さな住宅を建築したりするときなどは、コスト面でも良くなります。
ただ、細部の仕上げ方や施技術上の知識は施工業者の方が勝っていて、建築家は担当する業者と協力して建築していきます。
建築家は、デザインに気を配り重視しますので、設計やデザインの自由度の高さは大きなメリットです。
自由度が高いほどコストもかかるものなので、事務所ではコストがかかる分、自由な設計とデザインが可能になります。
デザインやそれほど自由度がなくてもコストを下げたい場合は、他の業者に依頼した方がよいです。
依頼主の要望を最も家に表現出来るのが事務所のよいところです。
予算に余裕があるときや、個性を表現したいときにはお勧めです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL