制震住宅におけるメリット・デメリット

建物の一部に可動部分を設ける技術の制震住宅は、揺れの軽減率をある程度抑えるメリットがあります。制震の技術は、地震時に発生する建物の揺れを制震装置が吸収し、地震エネルギーが構築物にいきわたり難くし、揺れの振動を低減する独特な仕組みを有します。

建物の変形時において効果を発揮するパネル型高減衰ゴムダンバーは、パネルの動きによる上下部の高減衰ゴムが変形してエネルギーを吸い込む利点があります。

またブラケット方オイルダンバー方式は、フレームの固定側と変位側の柱や梁から横に出した軒や棚を支える受け木として使用されるブラケットに、油の粘性質を運用して振動及びショックを和らげるオイルダンバーの伸縮により地震力を吸収する方法であり、複数の技術がある特徴を本工法は有します。

主として都会に出現するタワーマンションを筆頭に高層ビルに力を発揮する制震技術は、上階ほど揺れが抑えられるメリットがある一方で、免震工法ほど揺れの軽減率は少ないデメリットも存在します。

土台と梁の中間に設置した装置が衝撃を吸い込むことから、免震構造程ではないにしろ、耐震技術よりもガラスの損傷や屋内の家具転倒などを軽減できる強みがあります。免震工法に比べて導入コストは低く抑えられる資金上の優位性の他、建築物の躯体への影響度は耐震構造よりも少ないメリットもあります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL