RC住宅と他の工法の強度の違いについて

RC住宅は鉄筋とコンクリートを使って建てられ、他の工法との違いは非常に堅固なものであるということです。異常気象の影響などで最近の日本では台風が多発したり、局地的な豪雨に見舞われたりしています。

そういったときのテレビニュースなどで、RC住宅が災害後にも残っているという場面は、記憶に新しいものとなっています。また、地震においても倒壊している他の工法の住宅と違ってRC住宅は、その形をとどめているものをよく目にしています。

RC住宅に用いられている鉄筋は伸びようとする力に対応する力が優れていて、コンクリートは圧縮してくる力に対応する力が優れているのです。それらは双方の長所を生かし互いの弱点を補っているのです。

他の工法では、そのように互いを補っているものがほとんどないのです。ただ、鉄骨とコンクリートを用いている工法があります。ですが、コスト面では高いものとなっており、強度面ではRC造で十分だということが過去の実績でもわかっているので、鉄骨とコンクリートである必要はないのです。

RC住宅は他の工法と違って耐久性が高いということもあり、その寿命はとても長いものとなっています。ですから、長きにわたって自分たちを守ってくれ、安心して暮らすことができる家となるのです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL